So-net無料ブログ作成

DIAと戯れる~4 [音戯ばなし]

FT38Dの強い要望もあり、その気になったディレクター(頭)に忖度し、相変わらず腰の重いAD(体)もシブシブ元の舞台に戻します… FW187(顔色の違いは有るが身体サイズはFX200と同じ 難なくDIAに溶け込み、見掛けはこのコンビの方がシックリきます… https://youtu.be/dfVU2dw8q1I
FW 187換装.JPG
ディレクター、早速テストを始めます… ”相変わらず声量不足感は有るが意外といいんじゃないか… FX200の時試した、仕切り板を取付けて、FT38Dの声量を落とせばイケルかも”… と言いながらアンプの高域を2db絞る… こうなるとADは、またまたセットの変更作業をやらざるを得ません… 
ディレクター再度試聴です… https://youtu.be/D4Nb6BfoMXY  “これの方がメリハリがついて好いかもね~”  https://youtu.be/0GrZ8elBgRM そしてFW187の身体能力を再確認です...
FW187 Data .jpg
推奨クロスオーバー5kHz以下はギリギリだな〜 あと、ー2db.クロス3〜4kHz辺りのネットワークにすれば FT38Dとのハーモニーがもっと良くなるハズ、それと、喉の再手術(エッジを交換)が出来れば申し分ないデュオかも… しかし、新たにプロデュースするのが面倒なプロデューサー ”夫々一長一短だが、最初の組み合わせも悪く無いよ、 FX200のマスクもカッコイイし! あれでイインデナイカイ”
ー 内心では ”マスク付きFX200+スーパーツイーター “ “FW187&FT38D”と思っている ー
(ところで、ディレクターとプロデューサーはどう違うの?)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。