So-net無料ブログ作成
2019年07月02日| 2019年08月01日 |- ブログトップ

6cm ユニットの箱、製作顛末記 [作ってみました]

IMGP2160.JPGIMGP2163.JPGIMGP2164.JPG
以前のSTEREO誌の付録でネジを閉め過ぎでフレームが破損したユニットがあったので、修理がてらに卓上箱の製作で暇つぶしにかかる… フレームの修理に手間取るがナントカ箱は完成したのだが、いざ音出しの段階で問題発生!見た目正常な方のユニットがダンマリ… どうやらボイスコイルの断線が原因か?元々暇つぶしの工作だったので、気分転換と思いSSB-16の工作もありで、そのまま放置していた… 
IMGP2149.JPGIMGP2153.JPGIMGP2157.JPG
その後適当なユニットは無いか… とネットで物色中にAMAZONでこれもSTEREO誌の付録で販売されていたPIONNER OMP600を手に入れる事が出来た… この年はFOSTEX OMF800との併売で拙爺はこちらの工作を選択だった、のでOMP600がドンナ音をだすのかも興味がありだ… 
IMGP2226.JPG
老耳の判断で恐縮だが、6cmとは思えない程の低域再生と思う。https://youtu.be/mEd4oas9l-E
IMGP2235.JPGIMGP2236.JPG
呼称はキューブを捩ったQとダブルバスレフの略WBにPIONNERの6cmユニットを合成してQWB-P6とする。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
2019年07月02日| 2019年08月01日 |- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。