So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

DIAと戯れる~2 [オーディオ]

と言う事でFX200専用のネットグリルの作製です… フレームの形状を生かしFT38Dと同じ様な意匠に仕上ようと思います、工作材料及び加工具は粗100均で揃います…
IMGP1985.JPGIMGP1986.JPG
FX200のフレーム内径にピッタリの紙トレイは円切りカッターやハサミで加工です、1枚では強度が不足なので2枚重ねです、黒塗装の後に薄めの黒タイツのハギレを張付けてネットは完成です… マグネットはパッケージ(シュリンクパック)ごと短冊切りです、黒く塗装しビス穴と揃う様にネットに接着です。
IMGP1987.JPGIMGP1988.JPG
円形にカットした吸音材とハガキの接着時にワッシャーを仕込みます、ネットグリルを挟んでマグネットで固定です… DIAの文字がネット越しに控えめにのぞきます(FT38Dには同様にFOSTEXのロゴが見えます)マグネットが丁度小文字の i の点になる位置です、マグネットの反射光がダイヤを連想する様にシャレてみました…  https://youtu.be/k2i0tR7RsV8 (動画の音はネット装着で録音です)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

DIAと戯れる~1

箱の改造
1、FX200のバックキャビティー斜面を延長し、ダクトの無い第一空気室状態にして、背圧がかかる様にしてみる… 結果は中域のエネルギーが強調され、さらに煩さが増す… ので、即却下です。
IMGP1966.JPGIMGP1967.JPGIMGP1968.JPG
2、TRAPEZOIDの時と同様にダクトに風穴を開けます… 色々試してみようと三辺に上端から5cm,6cm,7cmのI位置に18∅の穴を開ける、ソレゾレの穴の開閉で微妙に低域の質感が変る… 何通りもある試聴の中から7cmの穴を閉じたケースを採用です。
IMGP1979.JPG
これで低域はコンなもんだろう… か? だが、中高音の粗さはクロスオーバー付近でのユニット同士の折り合いが付かないのが原因か?普通ならネットワークで調整なのだが…

アンプで高域を調整  https://youtu.be/bsnEQXl7bvk
IMGP1970.JPGIMGP1972.JPGIMGP1973.JPG
TA-DA53OOESにはトーンコントロールがあるので、高域を下げての再生をしてみます… これは甲高さは消えるが、ツイーター側にも作用するので音全体の鮮度が落ちる様に聴こえる…

FX200にネットグリルを装着  https://youtu.be/b_eIFX4TiCM
IMGP1978.JPGIMGP1975.JPGIMGP1976.JPG
アンプのトーンコントロルが電気的アッテネータなら、これは物理的アッテネータだ。有り合わせのネットの内側に吸音材接着して、その量を変えて聴いてみる… こちらはツイーターには作用しないのでマアマアの結果だ。実聴では50∅がベストだが、録音では80∅の方がバランス良く聴こえる… 



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

DIAの試聴 [オーディオ]

IMGP1949.JPG
仕上前との比較 : 1.https://youtu.be/judyANe3wAo 2. https://youtu.be/xCmOWfIWrcw

取り敢えず仕上前の音と比較です… 聴感的には仕上前の音と大差ありません、Q3の録音を聴くと、それどころか返って高域のキツさが強調された様に思う… 高域はユニットの方の問題が大と思う、エージングで改善されれば良いいのだが… それ以前にネットワーク? これにはあまり係りたく無い処だ… 
低域は兎も角、中低域が薄いのは箱なのか?ユニットなのか? 元々Q3の録音は低域がウマク録れませんが… にしてもの感が残る、まあ25年以上も狭い箱の中に居たのだから、足腰(エッジやダンパー)が硬直化するのは無理もない所だ(後期高齢者の拙爺などは30分も同じ体勢でいると、中々次の動作に移れない)もう少しリハビリ(エージング)を続け様子を見てみたい…
と、ユニットの所為だけにするのは簡単だが、箱の方の再確認も必要かもしれない…
ので、一般公開はもう少し先か…
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

DIAの製作~12 [作ってみました]

恒例の完成記念撮影です
IMGP1964.JPG
IMGP1961.JPGIMGP1960.JPGIMGP1962.JPG
ほぼイメージ通りの出来に拙爺満足!


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

DIAの製作~11 [作ってみました]

効果の程は分からないが、やっておいて損はないだろう…と100均やら道具箱から音響対策サポーターを寄せ集めます…
IMGP1916.JPGIMGP1945 のコピー.jpg 
IMGP1938 のコピー.jpgIMGP1948 のコピー.jpg 天板内部の2個の○穴は粗隠しの天板接合時に重量軽減と吸音材はめ込み用として空けてありました。道具箱に残っていた静音グッズを新築住宅の棟札ヨロシク仕切り板に張ったり、以前に使用した三角錐シートの余りも動員、ブチルテープでスタンド内部底面に張ったりします、 IMGP1947 のコピー.jpg 100均で調達のワインキャップはSPのスパイクにお誂え向きの形だ、見掛けは飾りボタンと合わせてセット分1000円で完成とは思えない!と、悦に入ってる拙爺です…
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。